一生モノの知識を得られた8冊の本の紹介

会社員として働きながら毎週2冊ほどのペースで読書をする私が皆さんに是非読んで欲しいと思った本をご紹介します。

私が読む本のジャンルは自己啓発系やお金に関する本、ビジネス書が多いです。

それでは早速ですが、オススメの本をご紹介します!

ビジネス書

⑴レバレッジリーディング

読書の仕方について学べる本です。この本を読んだ後に読書するのと、読む前に読書をするのとでは、同じ本を読んだとしても頭への残り方が全然違います。

せっかく本を読むのであれば得るものを最大化したいですよね。

本格的に読書を習慣化する前に読んで欲しい一冊。

⑵メモの魔力

最近、話題になっている本です。

紙とペンとメモの魔力流のメモの取り方の知識さえあれば今からでも始められます。

メモの魔力を読んでメモを取る習慣をつけてから約半年経ちますが、仕事を進める上では高い効果を実感しています。

自己分析にも非常に有用なので就活生にもオススメです。

⑶伝え方が9割

この本はたしか5年ほど前に読んだ本です。

何か人に伝える時に、その伝える表現の仕方によって人が動くかどうか決まる。

人を動かしたいのならば本書を読んで伝え方の方法論を学びましょう。

⑷人を動かす

この本はあまりにも有名なので聞いたことがある人も多いと思います。

こちらも人を動かす方法、人のモチベーションを刺激して動いてもらう方法について学ぶことができます。

文庫本タイプだと700円ちょっとで購入できますが、本書から学ぶことは値段がつけられないほど価値があるものだと思います。

⑸影響力の武器

こちらも人を動機付けて動かす方法を学べる本です。

「伝え方が9割」と「人を動かす」と違う点は本書はより心理学的に動機付けの方法を学ぶことができます。

たとえば、人に何かしてもらったらお返ししないといけないと思うことを「返報性の原理」と言う。

といったように人が動機付けられる仕組みを科学的に説明しています。

「人を動かす」と「伝え方が9割」と併せて読むと動機付けという分野ではかなり詳しくなることができると思います。

お金の本

⑴金持ち父さん貧乏父さん

あまりにも有名な本なので聞いたことがある人も多いと思います。

お金のこと、学歴のこと。日本でこれが正しいと教えられていたことがいかにおかしいことだったかということを学べます。

本の値段以上の価値がある知識を確実に習得できます。

⑵ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣

本書はお金持ちにはどうすればいいか?ということを17個のポイントから解説しています。

内容は日本人の若者(著者)とユダヤ人の大富豪の会話形式で進められていて非常に読みやすいです。

サクサクと読めるし、内容もおもしろい且つ感動的で読書が苦手の人でも最後まで楽しく読めると思います。

しかも、学ぶことも非常に多い。間違いなく私の読んできた本のなかでベスト3には入る良書です。

⑶難しいことはわかりませんが お金の増やし方を教えてください

ここまで紹介した本は自営業や投資家になってお金持ちになろうという本でしたが、本書は会社員向けにコツコツお金を貯める方法について学ぶことができます。

特に投資をしてみたいけど何から始めればいいかわからないという方は入門書として読んでみるといいと思います。

投資というなんだか難しそうなことを噛み砕いて解説してくれていて簡単に理解できると同時に、今すぐ投資しなきゃ!と強烈に刺激される一冊です。

⑷投資信託はこうして買いなさい 30代でも定年後でも、ほったらかしで3000万円! [ 中野晴啓 ]

こちらはお金を増やすために積立投資をするメリットを理解した人向けの本です。

積立投資がいいのは分かったけど、どのファンドを購入すればいいの?積み立てたお金はどう管理すればいい?ということを学べる一冊です。

積立投資は厳密には積み立てたお金を放置しているだけでは、その恩恵を最大限活用することはできないんですよね。

この本を読んで私も積立投資を始めましたが、もう1000円程の利益が出ています。

早くも本の元が取れました。

積立投資について学ぶにはこちらの漫画もおススメです。

まとめ

1000円ちょっとの金額で今後の人生に大きな影響を及ぼす考え方や知識を習得できるので本ほどコスパの良い自己投資はないと思います。

先延ばしにするんじゃなくて今すぐ本を買って読書を始めましょう。

思い立ったが吉日です。

未来の自分がどうなっているかは今の自分の努力次第です。

将来、楽しく暮らしたいなら日頃からの努力がすごく大事です。

私も今から本を買って、カフェで読書してきます!!!

Pocket