パリ カメラを持ってぶらり旅 3日目 シャンゼリゼ通り・凱旋門・オペラガルニエ・ヴェルサイユ宮殿

モンサンミッシェルの投稿から少し時間が空いてしまいましたが、
今日はパリ旅行の3日目の1日を投稿します。

3日目のスケジュールはこちら

・シャンゼリゼ通り
・凱旋門
・オペラガルニエ
・ヴェルサイユ宮殿

世界で最も美しい通り シャンゼリゼ通り

世界で最も美しい通りとの呼び声の高いシャンゼリゼ通りに行ってきました
ここに行かなければパリに行ったとは言えません。

フランクリン・D・ローズヴェルト駅で下車し、凱旋門まで歩きます。

本当はシャンゼリゼクレマンソー駅で降り、凱旋門までの約2kmの道のりをパリの街並みを肌で感じながら歩きたかったのですが、他にもたくさん行きたい場所があったので今回はやめておきました。

時間に余裕がある方はシャンゼリゼクレマンソー駅で降り、凱旋門までパリの街並みを楽しみながら歩くのをオススメします。

フランクリン・D・ローズヴェルト駅で下車し、信号を渡っていると早くも遠くの方に凱旋門が見えました。

フランクリン・D・ローズヴェルト駅から凱旋門まで1.2km(GoogleMaps情報)ほど離れているはずですが、凱旋門はさすがの存在感です。
そして両サイドのヨーロッパ感溢れる建物が美しい。

ちなみに凱旋門はシャルル・ド・ゴール広場というところにあり、シャルル・ド・ゴール広場を中心として放射状に12本の通りがあります。

12本の通りのひとつにシャンゼリゼ通りは含まれています。

地図で見るとこんな感じ。黄色のマーカーを引いているところがシャンゼリゼ通りです。

シャンゼリゼ通りには高級ブランド品店が立ち並びます。

こちらは知らない人はいないであろう超有名なブランド店、ルイヴィトン。
しかも、その本店です。私みたいな財力に乏しい人間が入れる場所じゃありませんでした。。。

続いてはみんな大好きなあの超有名ファストフード店。

そう。あのマクドです。

恐らく世界で一番オシャレなマクド。お客さんはあまり見当たりませんでした(笑)

どうでもいい豆知識です。

フランスではマクドのことを「マクド」と言います。マックじゃありません。
それにフランス人はエスカレーターも右側に立ち、左側が空きます。


我々関西人とオシャレなフランス人は通ずるものがありますね。
ものすごく親近感が湧きました。住んでもすぐに馴染めそう。

大きさに圧倒されたエトワール凱旋門

凱旋門って聞いたことはあるけど、どれくらいの大きさなのか想像がつかない人はたくさんいるんじゃないでしょうか?

その答えは、

圧倒的にでかいです!

凱旋門の下にちょこっと写っているのが人ですよ(笑)
その大きさを分かってもらえたと思います(笑)

当時はaps-cのカメラに10-18mmの超広角レンズを使っていました。

その広角レンズでも離れて、しゃがんで下からのアングルでしか凱旋門の全体をカメラに収めることはできませんでした。

凱旋門のちゃんとした大きさは
・高さ50メートル
・幅45メートル
・奥行22メートル   となります。

本当に行くまではこんなに大きいとは思ってもみませんでした。

圧倒的なスケールの大きさです。

凱旋門はフランスの英雄ナポレオンがオーストリア・ロシア連合軍とのアウステルリッツの戦いで勝利した記念に作らせたものです。
こんなスケールの大きいものを作らせるなんて、ナポレオンはよっぽど嬉しかったんでしょうね。

凱旋門に掘られている彫刻も見てみましょう。

この女性に何かを頭にかぶせてもらっているように見えるのはナポレオンでしょうか?


こちらはアウステルリッツの戦いの様子に見えます。

凱旋門からはエッフェル塔が頭を覗かせていました。


この日はあいにくの天気で、写真をうまく撮ることができませんでした。
天候に左右されない写真の技術を身に付けたいですね。

金色で眩しいオペラ・ガルニエ(オペラ座)

凱旋門の次はオペラ・ガルニエに行きました。あの有名なオペラ座です。

オペラ座もナポレオンの命令で作られ、完成してから約140年経ちますが、毎晩のようにオペラの名作の劇や、バレエの公演が行われています。

そして、嬉しいことに公演が行われていない夜の間は見学が可能です!

外観はこんな感じです。
何でヨーロッパの建物ってこんな芸術的な作りをしているのでしょう。

規則的に並んだ柱と、建物に埋め込まれた彫刻。日本の建物にはない美しい作りですね。

入場料は日本円でだいたい1500円くらいだったと思います。

さっそく中に入ってみます。

建物の中に入ると床は石の作り、天井は絵画が描かれていました。

ここだけでも十分すごいのですが、オペラ・ガルニエの真骨頂はこの先です。

ここからは写真を連投します!

こちらはオペラ・ガルニエの劇場です。
公演の練習でしょうか?何人かがステージ上で話をしていました。

オペラ・ガルニエの中は黄金で豪華絢爛な作りになっています。
写真ではなかなか伝わりませんが、ほんっっっとうに綺麗でした!

語彙力がなくて申し訳ございませんが、そこら中が金色で眩しいんですよ。

パリと言えば、エッフェル塔、ルーヴル美術館、ノートルダム大聖堂が3大有名どころですが、
実際に私が行ってよかったランキングはこんな感じです。

1.サントシャペル教会 オペラ・ガルニエ
2.ノートルダム大聖堂
3.ルーヴル美術館

オペラ・ガルニエはパリに行くならば絶対に行った方がいいです。
行って絶対に後悔はないと保証します。

オペラ・ガルニエに行った後はパリ市内からバスで20~30分ほどの距離にあるヴェルサイユ宮殿に行きました。

ヴェルサイユ宮殿だけでブログを1記事投稿できそうなので、また別の記事で投稿します。

今日も読んでいただきありがとうございました!

パリ旅行の他の投稿はこちらです!
よかったら読んでみてください!写真たくさん載っけています!

パリ カメラを持ってぶらり旅1日目 前編

パリ カメラを持ってぶらり旅1日目 後編

【写真多数】憧れのモンサンミッシェルへ!パリからモンサンミッシェルへの簡単な行き方も解説します

Pocket