4年ぶりにリュックを新調しました

こんにちは。今日は田舎にある公園でiPad ProとAnkerのキーボードでブログを書いています。

田舎にいると春独特の空気の匂いを感じることができて、季節の移り変わりを感じますね。東京に帰りたくないです(泣)

話が変わりますが、僕は気に入ったものはくたくたになるまで使い込む癖が昔からありまして、今使っているリュックも大学1年生の冬にアウトレットで一目惚れして購入しました。

そのリュックは大学4年間の通学カバンとして、他にも北海道旅行、沖縄旅行、京都、パリと毎日背中に背負って酷使していたので、今ではほつれてきたり、リュックを背負うベルトの部分が破れてきたりとそろそろ寿命かなと思っていました。

そんな時、奇しくも今まで使っていたリュックを見つけた店で再びリュックに一目惚れしました。

hawk companyのオールブラックのリュック

神戸にあるアウトレットのUrban Reseachをふらふらしているときに見つけました。

4年前に購入した時もそうでしたが、出会いは偶然やってきました。

一目惚れするモノに出会う時は、そのモノが商品棚に陳列されている時からなぜか輝いて見えるんですよね(笑)

なぜか主張が激しく見えるんです(笑)

そんなわけで見つけて1分後にはレジに向かっていました。

私がリュックを買う際に見ているポイントはこんな感じで、カフェなどで作業するときのフルセットを持ち運べるかどうか。

・iPad Proとキーボードが入るか
・MacBook Proは入るか
・一眼レフは入るか
・ヘッドホンは入るか

この条件にプラスして、持っていてわくわくするかどうかが絶対条件として入ります。

大人になるにつれてシンプルで無骨なデザインを好むようになってきました。

そんな僕の好みに応えてくれたのがこのリュック。

艶やかでキメの細かい牛革であしらわれています。

iPad Pro,MacBook Pro,Sony a7iii ,Bose QuietComfort35Ⅱを入れられる

これがかなり重要です。私は普段は会社で働いていますが、フリーランスとして働くのが夢なので、土日には私の愛するガジェット達を持ち歩いて、カフェでブログを書いたり、プログラミングの勉強をしていることが多いです。

だから、将来フリーランスとして独立した時のためにもガジェットをたくさん持ち歩けるリュックが必要でした。

私の持っていきたいモノが全て入りました!

まずはメインのポケットから。

ここには背面側にはPCやA4ファイルをしまえるポケットが付いているので、僕はここにMacBook ProとiPad Proをしまっています。

メインのポケットにはSony α7iiiを収納しています。メインのポケットはかなり深いのでカメラ以外にもまだまだ入れられそうです。

リュックの外側には上側と下側でポケットが2つ付いています。

上側のポケットにはBOSEのヘッドホンを入れようと思っています。
写真では裸ですが、もちろん実際に持ち歩く時にはケースに入れます

下側のポケットには今のところ鍵や筆記用具や手帳などの小物類を入れようと思っています。

今はほとんどiPad Proでメモを取ったりするのですが、昔からボールペンと手帳だけは持ち歩いています。

お守りみたいなもので持っていると何だか落ち着きます

まとめ

会社員というつまらない毎日ですが、そんな毎日でもお気に入りのモノで囲まれていれば、毎日少しは明るい気持ちで過ごすことができています。

みなさんも新品のノートや筆記用具を使う時ってなぜかワクワクして、綺麗に使おうと思った経験が一度はあると思います。

それと同じで自分の好みのお気に入りのモノに囲まれて暮らせば、つまらない毎日に花を添えることができます。

だから僕は自分の持つモノは自分が本当に気に入ったモノしか持ち歩かないようにしています。

使っていてワクワクするモノに囲まれてこれからも毎日を過ごしていきます。

Pocket

コラム

Posted by tabilog55