筋トレを習慣にすると人生が変わる

おはようございます。

今日も安定のカフェでブログを書いてから出勤です。

筋トレをすると人生が変わる

今でこそ初対面の人に会うと「スタイルいいね」とか「ガタイがすごいね」とか言われる私ですが、小学生時代まで太っていていじめられていました。

そんな私が筋トレに出会うことでこのように性格が変わりました

私の変化を時系列に沿って解説していきます。

暗黒の小学生時代

正直言って、小学生、中学生の頃は自分の人生の汚点そのものです。

小学生の頃はかなりのデブ+天パ+唇の炎症で傷だらけという酷い有様で、外見で誇れることなんてありませんでした。

しかもその外見が原因でいじめられていて、性格もどんどんとひねくれていきました。

外見も性格も終わってた一番しんどい時期でした。

今でも思い出したくもありません。

少しマシになった中学生時代

中学では野球部に入りました。野球はほとんど未経験でしたが、太っていたこともあってパワーはありました(笑)

やってみると自分には意外と野球のバッティングのセンスがあるかもしれないと感じ始めた頃です。

しかし、小学生時代にいじめを受けた経験から極度の内向的な性格。

親しい友人もほとんどできずに3年間が終えました。

暗黒に戻った高校生時代

高校も野球部に入るも1年生の12月にあった同期の忘年会に自分を含めた数名が誘われず、「こんなクソみたいなところやめてやるぜ!」と決心して、次の日は監督に辞めると言いにいきました。

運動をしていたので外見は痩せてきてはいましたが、部活を辞めたことで運動量が減り、またしても太ってきてしまいました。

さらに受験のストレスもあってデブ化は止まりません。

身長も180cmで88kgあるデブだったので、ものすごい巨体です。

周りからの冷たい目が気になり始めました。

高校時代も内向的な性格は変えられず、3年間彼女はおろか、女の子と遊んだ記憶もありません。

栄光の大学生時代

大学生になって転機が訪れます。

そう、

筋トレとの出逢いです!

野球サークルで投手をしていた私は、メジャーリーガーのダルビッシュ投手が大好きでした。

ダルビッシュ投手が筋トレをして肉体改造をしているとSNSで発信をされていたので、私も筋トレを始めてみました。

筋トレをすると最高の好循環が生まれる

筋トレにどハマりしました

がんばればがんばるだけ筋肉がついているという実感と変わりゆく自分の体を眺めるのがすごく楽しかったです。

筋トレを習慣にし続けて半年が経つ頃には最大88kgあった体重が73kg、体脂肪率も最大30%近くありましたが13%まで減っていました。

すると180cm近い長身なので周囲から「スタイルが良い」とすごく褒められるようになって、自分に自信がでてきました。

周りから褒められることによってこういう好循環が生まれます。

褒められる➡︎自分に自信が持てるようになる➡︎更に筋トレに励む➡︎褒められる➡︎自分に自信が持てるようになる➡︎更に。。。

この循環にさえ入ってしまえば人は無敵です。

この自分に自信が持てるようになると言うのは身体だけではなく、性格にも影響を与えました。

大学のゼミで他大学を交えた討論会においても、他大学の学生が生意気なことを言ったとしても、

「いざとなれば腕力でねじ伏せられる」

と思うと強気な発言もどんどんできるようになりました。

結果として討論会で優勝してしまうなど、「自分ってもしかして頭も良いんじゃね?」と思うようになりました。

筋トレをすると知力も上がります

運動をすると脳にも良い影響があるのは誰もが知っているとは思います。

私の言っているのはこういう科学的に良いとかではありません。

筋トレをしていると行き着くのが

「身体的な強さと豊富な知識」を持っている人が最強

という結論に誰もが至ると思います。

そう思うようになってから英語やプログラミング、その他にもビジネス書や食事論、健康論など、数々のジャンルの書籍を読み漁るようになります。

今では、英語、不動産、経済、IT系の資格など合計して15〜16個ほどの資格を持っています。

資格以外にも毎月数冊は本を読んでいるのでそこそこ知識はあると思っています。

終わりはありませんが、

筋力×知力

この2つを高いレベルで両立させられるようにこれからも頑張っていきます。

筋肉のおかげで超大手企業から内定を複数獲得

就活の時期になる頃には週6日の筋トレと読書が習慣になっていましたので、

筋力も知力も他の大学生には負けない自信がありました。

さすがに京大や東大クラスの人には地頭が違うなと感じた場面がありましたが、それでも自分には筋力があります。

筋力×知力をかけ算した総合点では負けていません。

就活の面接においても自分の立ち居振る舞いから自信満々なオーラが出ていたらしく(面接官に言われた)良い評価を得られました。

今働いている企業には筋トレで内定を獲得

どういうこと?と思う方が大多数だと思いますが、事実です(笑)

面接で私の趣味の話しになり、筋トレについて熱く語りました。

また、語るだけでなく面接官の体の悩みを聞き、「〜こういう運動を週に3回くらいしたらマシになると思いますよ」、「こういう食生活を意識してみてください」とアドバイスを送っていると営業マンとしての適正があると評価してもらい、そのまま内定を獲得しました。

30代で年収が1000万円を超えるような大企業です。

自分はまだまだこれから

筋トレをして自信を得たといってもまだまだ自分は未熟で時にはひとり旅に行って何もかも忘れて思いっきり楽しみたいときがあります。

メンタルが揺らぐということはまだ筋肉が足りないということだと思っています。

自分はまだまだこれからですが、高校生の頃の自分と比較すると考えられないくらいの成長だと思っています。

これからも日々のルーティンをこなして筋力的にも人間的にも成長したいと思います!

そんな私のルーティンはこちらで紹介していますので見てみてください。

読んでいただきありがとうございました。

Pocket

コラム

Posted by tabilog55