2018年新型iPad Pro 11インチ 使用3ヶ月レビュー!iPad Pro11は間違いなくiPad史上最高のiPad

2019年7月3日

私は昔からApple製品が好きで、特にiPadはプライベートでも会社でも持ち歩かない日はありません。
そんなipad大好きな私がiPad Pro11インチを購入して3ヶ月が経ちますので、毎日使ってきて思った
・好きなところ
・改善して欲しいところ を書いていきたいと思います。

iPad Pro11は間違いなくiPad史上最高のiPad

はい、これだけは確信しています。

iPad Pro 11インチはiPad史上最高のiPadである。

見やすさと迫力を両立したオールスクリーンの大画面

私自身、iPad Pro11インチに買い換えるまでは9.7インチのiPadを使用していましたので、
よく分かるのですが、9.7インチサイズのiPadとほとんど変わらないサイズ感です。
でも、オールスクリーンの画面は11インチと遥かに大きく、でも薄く、そしてディスプレイの画質もいい

さらにTrue Toneディスプレイを採用することによって、
iPadを使う場所の光量によって自動で画面を見やすいように最適化してくれます。
実際、屋外で使用する場面では太陽光が画面に映り込み、見にくく感じた経験が皆さんもおありだと思います。
しかし、晴れた日にiPad Proのkindleアプリで公園で読書をしていても太陽光の映り込みが気になったことはなく、いつも快適に使用することができています。動画を見ていても同じく、全く気になることはありません。
進化したのは画面の大きさや見やすさだけではありません。画質面でも大きく進化しています。
なんと言ってもiPadの画面に表示されている写真や動画が本当に綺麗に見えます。
kindleで読む雑誌の写真や、インスタグラム、映画、youtube、全てのメディアに最適な圧倒的な高画質を表現することができています。

下の写真をご覧ください。

このようにベゼルが狭くなったことで、ディスプレイのほとんどに写真が表示されています。
iPadの画面をさらにカメラに撮っているので、なかなかディスプレイの画質の良さを感じ取っていただけないかと思いますが、画面の端まで色彩が非常に豊かで美しいです。
これは写真だけでなく映画を見ていても同様で、ディスプレイに関する不満は一切ないと言えます。

Rock,クラシックどちらを聞いても迫力のある音質

iPad Pro11インチは上下に二つずつのスピーカが内臓されています。

正直、以前使っていたiPad9.7インチの内臓スピーカーは聞くに耐えなかったのですが、iPad Pro11インチのスピーカーは音質が格段に向上しています。
私は普段、Rockバンドを聞いたり、ブログを書いたり、本を読むときは落ち着くクラシック系を聞いていますが、自宅にいるときはどちらもiPadのスピーカーから聞いています。

Rockバンドでは迫力のあるドラムの低音やボーカルの声、クラシックではホールで聞いているような広がりのある音が忠実に再現されていて、自宅で使うのでしたら頭が重くなるヘッドホンはいらないのではと思います。

タブレット端末にそこまで音質を求めている訳ではありませんが、さすがはApple。
十分に満足できる高音質です。
無理に外部のスピーカーを買わずとも、iPad内臓のスピーカーからの音で満足しています。

A12X BionicプロセッサのMacbook Proに迫る性能

ここらへんの性能のところはよくわかりません!笑
でもひとつ確かなことはそこらへんにあるノートPCよりかは遥かに高性能で、MacbookProにさえも迫る性能だということ。
私は写真を撮るのが趣味でよくLightroomでRaw画像を現像しているのですが、このRaw画像は情報量が非常に多く、スペックが高いPCでないとなかなか快適に現像できません。
しかし、このRaw現像がiPad Proでスイスイとできてしまうのです!

このようにRaw画像をiPad Proではカーソルを左右に動かすとタイムラグがなく、大容量のRaw画像に設定が反映されています。
当たり前のようにiPad Proはこなしていますが、これがめちゃくちゃすごいんです
以前使っていた9.7インチiPadでも現像をしようとしていましたが、カーソルを動かしてから数秒遅れて画像に設定が反映される、もしくは反応がないまま落ちるということが当たり前のように起こっていました。


iPad Proは私の所有しているMacbook Proと比べても圧倒的に軽いので、旅行先で撮影した写真をその場で取り込んで現像して、SNSにアップとかも簡単にできそうですね。

USB Type-Cで様々なデバイスと連携可能

ようやくiPad ProにもMacbook Proと同じUSB Type-Cが搭載されました。
USB Type-Cの主なメリットは以下の3つ ※参照先はこちら

・超高速のデータ通信
・配線管理が1本化 電流供給も通信もType-Cで1本化配線をスマートに
・互換性の高さ すべての機器のポート・ケーブルはType-Cで対応可能

しかし、私のような素人にはこのような機械的なメリットは分かりません(笑)

そこで、私の感じたメリットはこちらです。
・カメラやGo Proに直接繋ぐことができる
・カメラ、iPad、MacbookPro、GoProの規格が全てUSB Type-Cなので、旅行の時に荷物がかさばらない

特にカメラやGoProと直接iPadを繋ぐことができるのが大きいですね。
例えばこんな感じ

Raw形式の写真は一眼レフのアプリでは直接iPadに送ることはできません。
送るには一眼レフとiPadをつないだ状態でLightroomのアプリを開き写真を取り込む必要があるので、
私の現像環境はUSB Type-Cがなければ成り立たなかったでしょう。
私の快適な写真ライフを支えてくれています。

そのほかにもiPad Proから一眼レフやGoProの充電が可能です。
これはiPad Proの充電がすぐになくなってしまいますのでオススメはしませんが、、、。

他にも私は所有していませんが、SATECHIからiPad Pro専用のUSB Type-Cのハブが販売されていますね。
詳細はこちら。いずれ私も買う予定です。
これを使えば、HDMIケーブルと接続し、テレビやモニターにiPadの画面を写すことができたり、
SDカードから直接データを取り込むことができます。
iPadのデザインにも合わせていて、接続している姿が美しいのもいいですね。

iPad Proの改善して欲しいところ

ここまでiPad Proをめちゃくちゃ褒めてきましたが、もちろん不満を持っているところもあります。
それがこちら
・充電が減るのがすごく早く感じる
・Apple Pencilを画面本体にくっ付けると、色がはげる

充電が減るのが早い

充電の減りは以前使っていたiPad9.7インチよりも早いように思います。
2018年の新型iPad ProからApplePencilは本体に磁石で引っ付けて充電するようになりましたので、
従来のiPadよりも充電の減りが早いことは仕方のないことかもしれません。
しかし、それでも充電の減りが早いことは気になるポイントです。

1日は十分持ちますが、夜寝る前になると30〜40%にまで減っていることもよくあります。
1日は充電しなくても持つので、十分だという意見もあるかと思いますが、9.7インチiPadでは3~4日は
充電しなくても持っていたので、比較するとやはり減るのが早いな〜というのが正直なところ。
心配性なので一応iPhone、iPadどちらにでも使用できるモバイル充電器はいつも持っています。
家ではコンセントから充電し、外出先ではモバイルバッテリーとして使用できるお気に入りのアイテムです。

Ankerのモバイルバッテリーですが、USB Type-Cには対応していませんので、
インターフェースがUSB3.0とUSB Type-Cがあるものを別に購入して使っています。

私はApplePencilも使ってノートやメモを取ったり、動画を見たり、音楽を聞いたり、kindleで本を読んだりと使い倒しているので、普通の人の使用感ならそこまで充電の減りは気にならないかもしれません^^;

Apple Pencilをくっ付けると色がはげる

ちょっとこれだけやと何の事やらわからないかと思いますので、下の写真をご覧ください。
黄色くしているところです。

めちゃくちゃ削れてるんですよね(泣)
もちろん削れているだけで使う分には何の影響もありませんが、すごく気に入っていて傷が付かないように丁寧に使っているのに、最大の相棒(ApplePencil)を引っ付けるたびにこのように傷が付くのは、何とも悲しいですね、、、。

Appleはテストとかやったのかな(笑)
側面を傷から守るシートとかあれば是非とも買おうと思います。

まとめ

iPad Proはどこでも動画やゲーム、読書、絵を描くことを楽しめる万能のデバイスです。
私の使い方は勉強、動画視聴、読書、写真編集といったところがメインですが、人によってそれぞれ使い方は異なってきますよね。
例えばイラストレーターさんだったら絵を描くアプリをダウンロードして、それに特化した使い方をしたり、学生さんだったらGoodNotesというアプリをダウンロードしてメモをとる環境をiPad上で整えたり。

AppStoreでダウンロードできるアプリ何万個もあります。
お気に入りのアプリを見つけて、自分だけのiPadを作り上げてiPadライフを楽しんでください^ ^

また別の機会に私のiPadの使い方の紹介をブログ、もしくはyoutubeで投稿しようと思っています!
そちらもぜひ見てください(^ ^)

今日も読んでいただきありがとうございました。

Pocket