カメラが趣味でよかった。メリットを3つ紹介します。

おはようございます。

ようやく今週も後半戦ですね。

私はというと月曜日の飲み会後から体調が悪く、

昨日の夜に熱を測ったら38℃ありました(*_*)

しかし、昨日もルーティンのジムでの筋トレと今日の朝活はがんばります。

筋肉で熱をねじ伏せます。

カメラが趣味のメリット3つ

私は卒業旅行でパリに行ったのがきっかけで、もっと綺麗な写真を撮りたいと思うようになり、カメラが趣味になりました。

今はSony α7iiiというフルサイズカメラを愛用しています。

カメラを趣味にしてから確実に人生が豊かになりました。

豊かになった理由を3つをご紹介します。

メリットその①:思い出を綺麗に残すことができる

毎日を当たり前のように私たちは過ごしているので、1日1日の些細な出来事を特に意識することなく過ごしていることと思います。

カメラにはそんな日常の一瞬を切り取る力があり、思い出をより綺麗な形で残すことができます。

後からその写真を見返したときに友人や家族と一緒に感じたことが写真に詰まっていることを感じられると思います。

メリットその②:日常の風景が芸術になる

カメラを持って歩いていると「この風景はどう写真を取れば綺麗になるかな?」ということを常に意識して歩くので世界の見方が変わります。

そうするとカメラを持っていない時でもその世界の見方が定着して、会社や学校に行くいつもの道やオフィスでさえもどうやってカメラの画角で切り取ろうかと考えるようになります。

この見方が定着すると、日常の風景に隠れる芸術を発見すると「今日も1日がんばろう!」と謎にやる気がでます。

スナップ撮影が日常の風景を芸術的に切り取る典型だと思います。

この記事を読んでいたら写真を撮りたくなってきました(笑)

メリットその③:感動や経験をみんなに共有できる

今やインスタグラムといったSNSで自分の撮った写真を正解中に簡単に共有できるようになりました。

私のインスタグラムアカウント(@hamsnts)にも多くの外国人からいいねやコメントを頂いています。

綺麗な写真を共有すると話のネタにもなりますし、カメラが趣味の人の交流の場に行くと人脈も広がります。

特に海の写真や星空、オシャレなカフェの写真は反応がいいですね。

まとめ

カメラを趣味にすることで些細な日常の風景や旅行といった大切な思い出まで綺麗に残すことができます。

自分の用途によって大きいが画質が良いフルサイズカメラを使うのか、コンパクトに持ち運べるAPS-C機を使うのか検討してみるといいと思います。

私の趣味のひとり旅ともカメラはすごく相性がよくて、旅先での綺麗な風景を写真にとって、iPadやiPhoneの待ち受けにしたり会社の同僚や友人にも共有しています。

カメラは筋トレと並んで私の生涯続けたい趣味です。

これからも綺麗な景色を写真に収めていきたいと思います。

Pocket

コラム

Posted by tabilog55