iPad Proに超オススメなノートアプリーGood Notes5の使い方、レビュー

2019年7月3日

今回は私が毎日使い倒しているiPad Proに入れているアプリの中でも、一番使用率が高いアプリ

Good Notes5

をご紹介します!

そもそもGood Notes5とはどんなアプリ?

GoodNotes5は長年、iPadの有料ノートアプリで1位の座を守り続けているアプリです。

他のノートアプリにはない、使い易さ、他のアプリとの連携性、優れたデザインが特徴です。

こちらは2019年3月4日時点のAppStoreの有料アプリのランキングですが、 GoodNotes関連のアプリが3つもランクインしています。

1位の「GoodNotes5アップグレートバンドル」というアプリは従来のGood Notes4を持っていると、無料でGoodNotes5をダウンロードできるというものです。

初めてダウンロードする人はGoodNotes5をダウンロードしましょう。

GoodNotes5の値段は960円とアプリの中では決して安い値段とは言えませんが、それでも使いやすさ、見やすいレイアウト、優れたデザイン性が評価されて、多くのiPadユーザーに愛用されているアプリです。

実際、私もGoodNotes5を使わない日はなく、毎日使っていて960円という価格は安すぎるんじゃないかと思うくらい、完成度が高くて使いやすいアプリです。

それでは実際に使っている場面も交えながら、使い方をご紹介します。

書いていて気持ちいい滑らかな書き心地!

GoodNotes5の大きな特徴として、純正のノートアプリにも劣らない、優れた書き心地という点が挙げられます。

実際に書いてみないと分からないところではありますが、私がGoodNotes5を使って書いている動画を見てみてください。

少しは参考になるかと思います。ちなみに動画は万年筆モードで書いています。

ご覧の通り、ApplePencilが画面に触れてから、画面上に文字が出力されるまでのタイムラグがほとんどないことが分かります。

追従性と書き心地という観点では、純正のメモアプリと遜色ないレベルで、全く気になることはありません。

万年筆・ボールペン・筆ペンの3種類から選べる

GoodNotes5には3つのペンのスタイルが用意されています。

・万年筆
・ボールペン
・筆ペン

それぞれ筆圧も検知してくれて、私の使用感だと筆ペンが一番筆圧による影響が大きいと思いました。

実際に3種類のペンで書いてみました

左から右にいくにつれて筆圧を強くするよう意識して書いています。

こうやってみると、万年筆、筆ペンは筆圧によって筆跡の太さが変わっていると分かりますね。

一方で、ボールペンは筆圧によって筆跡が変わるといったことはなさそうです。

文字の太さは万年筆、ボールペン、筆ペン全てで、細・中・太いの3種類から選べます。

ペン先の太さを検証してみました。いずれも筆圧は強めです。

ノートを取るとき、タイトルは一番太く、見出しは中で、本文は細い文字で、というふうに使い分けも
画面上部のタブの中のペン先の太さをタッチするだけで簡単にできます。

蛍光ペン

蛍光ペンは自動的に、文字の背面に書かれるようになっているので、書いている文字を簡単に目立たせることができます。

また、蛍光ペンには、「直線で描く」モードをON/OFFを切り替えることができるので、簡単にまっすぐと線を引くことができます。

蛍光ペンの色も元々用意されているプリセットや、自分好みの色を探せるカスタムから選ぶことができます。

カスタムで見つけたお気に入りの色は、プリセットに登録しておくことができるので、自分好みの色は一度登録すれば、次からは簡単に使うことができます。

消しゴム

GoodNotes5の消しゴムの主に以下の便利機能を備えています。いずれもON/OFFの切り替えが可能です。

・ストローク全体を消去
・蛍光ペンのみ消去

ストローク全体を消去の機能

ストローク全体を消去をONにすると、ペンを画面に付けて書いたところから、ペンを離したところまでを全て消してくれます。

一方で、ストローク全体を消去をOFFだと、消しゴムに触れた部分だけを消してくれます。

蛍光ペンのみ消去の機能

蛍光ペンのみ消去はその名の通り、書いた文字に蛍光ペンで線を引いていても、蛍光ペンのみ消してくれる機能です。

地味ですが、結構使用率は高めの機能です。

その他のツール

書く以外にも様々な便利機能をGoodNotes5は備えています。
ざっとあげるとこんな感じ⬇︎

・多機能ななげなわツール
・綺麗に図を描けるシェイプツール
・細かいところにも簡単に文字を書けるズーム機能
・直感的に写真をノートに埋め込める機能
・PDF、イメージで書き出せる

それぞれ紹介していきます。

文字の移動、リサイズ、コピーも可能ななげなわツール

GoodNotes5の様々な機能の中でも特に便利なのが、なげなわツールです。

⬇︎本当に多機能で、こんなことができます⬇︎

・囲んだ箇所を自由に移動させる
・スクリーンショットを撮る
・サイズを変更
・カラー
・変換
・カット
・コピー
・削除

私が特に使うのはカラー、文字の移動、サイズ変更、スクリーンショットを撮る ですかね。

カラーの変更

黒文字で書いてしまったが、もう少し目立たせたい。。。という時に使えるのが、カラーの変更。

なげなわで囲った箇所のカラーを変更することができます。

文字の移動

この機能はなげなわで囲った箇所を好きな場所に移動することができます。

私は何もレイアウトを考えずに書いてしまうので、紙のノートだと後から見た時にとても不細工なノートになっていることが多かったのですが、iPadのGoodNotes5を使ってから、レイアウトで不細工になることはほとんどなくなりました。

この動画のように文と文の空白が空きすぎていて、もっと詰めたい時によく使います。

サイズ変更

こちらもその名の通りです。囲んだ箇所のサイズを変更することができます。

少し文字を大きく書きすぎてしまったり、文書全体のレイアウトを整えたい時によく使います。

スクリーンショットを撮る

スクリーンショットを撮るも、その名の通り、なげなわで囲んだ箇所のスクリーンショットを撮ることができます。

私は、スクリーンショットを撮るは不思議な使い方をしていて、LINEでデジタル文通をする時に使っています。

iPhoneやPCで文字を打つのに飽きた時によくしているのですが、返信をGoodNotes5で手書きで書き、そのままイメージとして、LINEで送っています。

このままLINEで共有すると、選択した箇所だけを画像として送ることができます。

これでデジタル文通ができます。スクリーンに打った文字だけの会話にマンネリを感じたら試してみてください。

楽しいですよ。

PDFを読み取り、直接書き込みできる。

この機能がめちゃくちゃいいですね。
私は旅行が大好きで、一緒に旅行が行く人がいるときは、私が計画を立てることが多いのですが、

観光地のwebページをPDF化して、直接書き込んで提案してみることが多いです。

例えば、こんな感じ。

webページの長さによっては最後までPDF化は現状できませんが、それでも実用性はかなり高いです。

なかなかwebページを共有するだけでは、気持ちが伝わらなかったりすることも多いので、

このように手書きの文字で書いてくれると伝わりやすいですし、webページの共有だけだと素っ気ない感じになりがちですが、手書きだと何だか暖かいし嬉しいですよね。

私はこうやって手書きにするのが結構評判良くて、よく使っています。

そのほかにも大学生だと、講義で使うレジュメを大学のwebページからダウンロードして印刷する必要がありました。

これの問題点として、こんなことがありました。

・講義前に印刷して用意しなければならない
・レジュメが多くなると管理が大変
・カバンの中が紙だらけになって汚い

しかし、iPad ProのGoodNotes5だと

・講義中にネットワーク環境さえあれば、ダウンロード可能
・GoodNotes5だと、講義をフォルダ毎に管理できる
・データで管理するので、持ち物はiPadだけでいい

というように、便利かつスマートに大学生活を送ることができますね。

画像の添付が超簡単

画像の添付が超簡単です。

3秒でできます(笑)

画像を貼り付けるには、画面上部のカメラマークの左隣のマークを選択します。
そうすると最新の画像から順番に表示されますので、後は選ぶだけ。

スプリットビューからドラッグ&ドロップでも簡単に画像を添付できます。

もちろん、貼り付けた画像には直接書き込むことができます。

手書き文字の検索機能

GoodNotesは手書き文字の検索をすることもできます。

書いたデータが多くなると、フォルダやノートで管理しているとはいえ、見たいデータをすぐさま引っ張り出すのは難しい。

そんな時に検索の機能はすごく重宝します。

これでデータ量が多くなっても、キーワードさえ覚えていれば見たいデータを見つけるのは簡単ですね。

総評価 レビュー

ここまでGoodNotes5の主な機能を紹介してきました。
私は今回ご紹介した機能はフルに活用して、GoodNotes5を使っています。

今までにGoodNotes5を使ってこんなことをしてきました。
・旅行のガイドブックの作成
・旅行のしおり(修学旅行のしおりをイメージしてください)
・勉強用のノート(Split Viewでテキストを一緒に見ながら)
・読書用ノート

GoodNotesは私の趣味から、真面目な勉強までを支えてくれる最高の相棒です。

GoodNotesがなければiPadも毎日使っていないかと思います。それくらい私のお気に入りのアプリ。

よく友達にiPadの話をすると「自分も持っているけど何に使うの?」と言われてしまいますが、この質問には本当に呆れて言葉が出ない(笑)

多分この質問をする人はiPadは大きな画面の動画鑑賞用ディスプレイとしかみていないのでしょう。
そんな使われ方をするiPadがとてもかわいそう。私が引き取ってあげたい。

何はともあれ、ApplePencil対応のiPadを持っている方ならば、GoodNotesは入れていて絶対に損はない素晴らしいアプリです。

是非ともダウンロードして、iPadを使いこなしてください!!

今日も読んでいただきありがとうございました!

iPad Proのそのほかの記事はこちら⬇︎

2018年新型IPAD PRO 11インチ 使用3ヶ月レビュー!IPAD PRO11は間違いなくIPAD史上最高のIPAD

圧倒的コスパの2018年新型IPAD PROケース!完成度は純正品並ながら、値段は4分の1以下!

Pocket