【IPAD PROの新しい相棒】AnkerウルトラスリムBluetoothキーボードをレビュー

2019年7月3日

どうもこんばんは。こうです。

久々の投稿となってしまいました。

最近はプログラミン言語のPythonとAmazonのクラウドサービスのAWSの勉強にハマっていて、ブログの投稿が少なくなってしまいました(笑)

さて、本日は先日の記事でも紹介したAnkerウルトラスリムBluetoothキーボードが届きましたので、使用レビューを書いていこうと思います!

前回の記事➡︎iPad Pro11インチに合うキーボードを4つ厳選してみた

Ankerウルトラスリムキーボードの外観

前回の記事では、写真を見る限りだと純正品のような外観に見えると私の中で話題になりましたが、実際のところはどうでしょうか?

実際にこの1週間ほど毎日使って見たのでレビューをします。

毎日使った結論は、

触らなければ純正品のように見える。しかし、タイピングなどで実際に触ってみると純正品の高級感とは程遠い

というのが私の感想です。

タイピングがしにくいという訳ではなく、あくまでもキーボードの質感が少しチープというだけです。

youtubeやブログにありがちな開封の儀なんて誰が見たいんだよと思う派なので、いきなりキーボードの写真からいっちゃいます。


いかがでしょうか?

見た感じは本当に純正品に近いです。

しかし、キーボードの質感という点では純正品と比べると酷ですが、チープさは否めません。

まあ2000円という値段を考えれば値段以上の価値があることは確実です。
毎朝iPadで文字を入力しまくっている僕が言うので間違いないです。

外観の面では特に不満を思うところは特になく、大満足です。

タイピングの快適さ

MacBookのキーボード配列と少し違う

タイピングの快適さは正直あまりよくないです。

私は普段MacBook Proを使用しているのですが、Macのキーボードの配列とAnkerウルトラスリムキーボードの配列が違う為に、打ち間違いが多発しています。

と言っていますが、このようにブログを書くだけでは問題は全くないです。

私が打ち間違いを多発させているにはプログラミングをしている時です。

プログラミングになると、「@」、「'」、「"」といったアルファベット以外の記号もよく使います。

この記号の配列がMacのキーボードと位置が違うので、打ち間違いが多発してしまっているのです。

実際に写真で見てみてください。

MacBook Pro

Anker ウルトラスリムキーボード


もはやAnkerのキーボードはシングルクオートとダブルクオートが同じキーにあって打ち方が分かりません。

このことから

Ankerのキーボードは記号をあまり使わない文字打ちだけならば使い勝手に何も問題はない

というのが私の結論です。

一方で、プログラミングなどで記号を頻繁に使用している人にとっては少々慣れるまでに時間がかかると思います。

タイピング時の音 キーの打ちやすさ

タイピングの音は、

特別うるさいかと言われればそうでもなく、
特別静かかと言われればそうでもなく、、、という感じ(笑)

要するに可もなく不可もなくというところ。

といっても音が大きいと感じるか静かだと感じるかは人それぞれかと思いますので、動画を撮りました。

10秒ほどの動画なので、もしよろしければ聞いてみてください。

前半がAnkerのキーボード、後半がMacBookProのキーボードです。

同じ力加減でタイピングしていますが、音の大きさはそれほど変わらないような気がします。

しかし、タイピングの音はAnkerの方がガチャガチャした音が鳴り、少しチープな印象を受けました。

あと完全にこれは私の主観ですが、Ankerの方はキーの出っ張りがMacBookよりも大きく、打ち込んだ後に次のキーへ指を移動している時に別のキーに当たって打ち間違いが発生することが多い気がします。

とはいえ、タイピングに絶望的な影響を与えるほどではありません。

Ankerも普通に文字を打つだけならば使用に全く問題はありません。

キーボードの大きさ

百聞は一見に如かずということで、ここも文で説明するよりも実際に写真を見てみてください。

私が愛用しているiPadPro11インチの幅よりも少し広いくらい。
厚さもiPhone8二台分くらいでしたので、持ち運びはすごく楽です。

大きさに関しては説明がかなり雑になってしまいましたが、言いたいことは

軽いし、そこまで大きくないし、持ち運びはすごく楽!

ということです(笑)

まとめ

2000円という低価格ながら、タイピングも普通にできるし純正品のような見た目のおかげでiPadとも合うし、言うことがありません。

キーボードの幅も大きすぎず、小さすぎずちょうど良いサイズで、手が大きいと言う理由で野球でピッチャーをさせられていた私でも問題なくタイピングができます(笑)

これから私のiPad Pro11インチの新しい相棒となることは決定です。
いよいよiPadがPCに完全に取って代わる時代がきたかという感じです。

私が使っているiPadの相棒はこちら⬇︎

iPad Proの過去記事はこちら

2018年新型IPAD PRO 11インチ 使用3ヶ月レビュー!IPAD PRO11は間違いなくIPAD史上最高のIPAD

圧倒的コスパの2018年新型IPAD PROケース!完成度は純正品並ながら、値段は4分の1以下!

IPAD PROに超オススメなノートアプリーGOOD NOTES5の使い方、レビュー

Pocket